キャットフードの変更について

先程述べましたが、食物アレルギーの猫にはキャットフードを変更することで一定の改善が見られる可能性があります。

例えばアレルギー対策ができるキャットフードとして知られているが、グレインフリーのタイプです。穀物はアレルギーの原因になり得る食品です。私達は普段の食事で穀物を頂くことも多いですが、人間に比べて猫は穀物を消化吸収することが苦手な動物ですので、穀物を多く与えると臓器に負担を与えてしまう恐れがあります。実際に自分が与えているキャットフードにとうもろこしや小麦が含まれているという飼い主さんもいるのではないでしょうか。穀物の中でも特にとうもろこしや小麦はアレルギーの原因になる可能性が高いです。もし穀物が原因でアレルギーになっている場合は穀物が使用されていないグレインフリーのものを選択すれば、アレルギー症状をサポートできる可能性があります。

獣肉が原因でアレルギー反応を引き起こしている子は肉の使用が少ないお魚がメインのキャットフードに変更することで改善を促すことができる可能性があります。実際に魚がメインのキャットフードは販売されているので、獣肉が原因の飼い主さんの中には既に変更している人も多いです。

『参考リンク』Symply