猫のアレルギーの原因

猫のアレルギーにはどのような原因があるのでしょう。原因の一つに、アトピー性皮膚炎を挙げることができます。アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストやダニ、カビや花粉です。猫は人間と異なりダニが体に付きやすいので、ダニが原因でアレルギーになることがあります。お掃除を定期的にしていない場合、猫が寛ぐクッションなどには埃が付着してそれが原因で猫のアレルギーに発展するのです。

その他にも食物アレルギー性皮膚炎を挙げることができます。猫にはアレルゲンとなる成分があります。例えば牛乳や肉類、穀物類です。特にグレインフリーというキャットフードがあるように穀物は猫のアレルギーの原因になります。また、穀物だけでなく獣肉でアレルギー反応を引き起こす子も珍しくありません。

食物アレルギー性皮膚炎の他にも、接触性皮膚炎をアレルギーの原因として挙げることができます。接触性皮膚炎は自宅に設置されているカーペットや、毛布などが原因でアレルギーを引き起こします。中には食器で接触性皮膚炎を引き起こす子も存在し、ステンレスやプラスチックが原因になることもあります。その他にもノミアレルギー性皮膚炎が原因でアレルギー反応を引き起こす子もいます。