キャットフードで猫のアレルギーをサポートできる方法

アレルギーを抱えているという猫は決して珍しくありません。人間においても花粉などアレルギーになることがあります。しかし、猫は人間のように症状やつらさを伝えることができないので、飼い主さんの中にはなぜ最近元気がないのかわからないと感じてしまう方も珍しくありません。猫のアレルギーには様々な症状を挙げることができます。

症状の一つとして挙げられるのが、体の一部や全身に痒みができることです。猫が体に痒みを感じると後ろ足でその分を蹴るようにして掻くので、飼い主さんの中には体を痒がっていることに気づくことは容易です。しかし、アレルギー以外にも体の痒みを感じる猫は多いのでただ単に掻くだけではアレルギーと判断することは難しいです。痒みと平行して発疹やフケが現れる猫もいます。最近頻繁に痒がっていて発疹やフケ等の症状が見られる時にはアレルギー対策をすることで改善できる可能性があります。症状が酷くなると引っかき傷ができるほど後ろ足などで体の一部分を掻いてしまいます。さらに酷い症状になると下痢や嘔吐、食欲低下などが見られます。このように症状が深刻になれば獣医師の診察が必要になります。

飼い主さんの中には自分の飼い猫のアレルギーに対して心配を抱いている人は多いでしょう。今現在、上記のような症状は見られないとしても大切な飼い猫のために対策をしておきたいという方も少なくないでしょう。今回は猫のアレルギーの原因、対策とキャットフードについて説明します。